SSブログ
前の10件 | -

大谷翔平と伊藤園のコラボ [f]

2024-07-14T13:11:47.jpg
昨日の日経新聞の全面広告には驚いた。

新聞1面の外側に裏表の全面広告の紙面があった。

まるで朝刊を包むような、ある種のラッピング広告のように思った。

調べてみると全面広告はこれまでもあったようだ。

閑話休題、今回の広告の主旨は地球環境保護に売上を寄付することの周知。

ちなみにこの広告、すでにメルカリで300円で売られていた。リアルの新聞をとっている家庭も少なくなっているからそういうこともすぐに起きるのだと思った。

共通テーマ:moblog

人は若いうち [f]

2024-07-12T22:21:53.jpg
『NHK MUSIC SPECIAL REVECCA 40年の軌跡と今』を観た。

そして、「人は若いうち」だなぁ、とシミジミ思った。

その昔、村上龍は映画『ワンス・オン・ア・タイム イン アメリカ』について、「人は若いうちだ」を表現している、と何かに書いていた。

今のREBECCAが悪いわけではないが、比べると、人は若いうちだというのが素直な感想だ。

閑話休題、人は死ぬまで生きている。矛盾するようだが、老いても素晴らしいのが人なのだ!

共通テーマ:moblog

ルタオ [f]

2024-07-09T11:03:59.jpg
北海道おみやげをいただいた。

とっても美味しい。

ルタオについて知見はない。

小樽は観光で復活している印象があり、その中でこのルタオさんは大きな役割を果たされているのであろうなと想像する。

共通テーマ:moblog

バーデン・バーデン [f]

2024-07-09T10:43:30.jpg
昨日、青山高原カントリーゴルフクラブでプレイした。

ここのゴルフ場の好きな点。

①建物に風情がある(タイルや木製の造作がよい)。亀甲橋という建築賞受賞の変わった橋も見どころ

②温泉がよい。七栗の湯が素晴らしい。

③コースもおもしろい

④値段がリーズナブル

⑤自宅から近い

ラウンド終了後、大浴場で温泉につかりながら、ふと思ったことがある。

ドイツの温泉地とは、ひょっとしたらこんな感じではないのかと?


ゴルフ場の浴場というよりは湯治場のような雰囲気が漂っている。(ゴルファーの像があるにはあるけれど)

そう思いながら風呂を終え、ロッカールームを出る。出たところにゴルフコースのパノラマ模型があり、その横には七栗の湯についての説明書が掲げられていた。

手書きの説明書は、通り一遍の説明ではなく、書き手の想いが綴られていた。

署名には、藤田啓介とある。

藤田啓介氏とはどういう方なのか、ググってみると、藤田学園の創業者であり、当ゴルフ場の創業者でもあった。


藤田啓介氏はその説明書きの中で、七栗の湯をドイツのバーデン・バーデンになぞらえて、まさにそれを目指すという意のことを熱く表現されていた。

私がバーデン・バーデンとはこんな感じのところではないかと思ったのは、あながち外れではなかった。

閑話休題、私がバーデン・バーデンのことを知ったのは二つの理由から。

一つは、九州の湯布院のまちおこしで活躍された中谷健太郎さんらがバーデン・バーデンを訪問した際に、自分たちの方向性を決意した、と読んだことがあったから。


もう一つは浅田次郎氏のエッセイの中で語られたバーデン・バーデン。帝国陸軍の若きエリート軍人らがその湯治場で将来の軍のあり方を相談したのではないかという内容だったと記憶する。

その会談の内容はもちろんわからないのだが、いい温泉があって毎日普通に暮らすことができればそれ以上の何を求めるのかという結びだったと記憶する。

果たして、藤田啓介氏の思いは今も受け継がれているのであろうか?私も微力ながらその思いの継承者の一人になりたいと結構マジに思っている。

共通テーマ:moblog

七夕 [f]

2024-07-08T18:10:11.jpg
事後アップで恐縮です。

昨日は七夕。

近くの商店街でも飾り付けがなされていた。

写真は朝の様子。

七夕の飾り付けが新しくなったようだ。

夕方は笹に願い事を書いた子どもらが笹流しにやってきて、今年もたいそう賑わったと聞いている。キッチンカーや屋台も多かったそうだ。

イベント時には集客できるんだよなぁ。

共通テーマ:moblog

7月6日 小暑 [f]

2024-07-08T18:03:45.jpg
事後アップですみません。

7月6日は、旧暦6月1日、小暑。

いよいよ暑くなるの通り、先週の土曜日は猛暑だった。それからずっと続いている。

梅雨明けしたような時のような暑さ。それも例年以上だ。

地球は大丈夫なんだろうか?

共通テーマ:moblog

新しい紙幣 [f]

2024-07-06T07:17:09.jpg
新しい紙幣に両替してみた。

前回の新紙幣発行は20年前。その時は一万円札の肖像は福澤諭吉のままであったから少しインパクトに欠けた気がする。マイナーチェンジのような感じだった。

そういう意味では今回はフルモデルチェンジだろう。

一万円札の肖像が替わるのは40年ぶり。

40年前、聖徳太子から福澤諭吉に替わった時の衝撃は相当なものだった気がする。

福澤諭吉というのも早稲田系の方からは「どうして?」という声が上がっていた記憶がある。

福澤諭吉も偉大な人物であることは間違いないが、聖徳太子に比べると失礼ながら小粒に見える。

一万円札の価値が相対的に下がったという人もいたし、来る「十万円札」用に聖徳太子を温存したのだ、と言っている人もいた。

今なら、そもそもあの肖像画は聖徳太子なのか?という議論になるのだろう。

40年前は他にも、お札のサイズが一回り小さくなったこと。(ドル紙幣に近くなったと、タレントの早見優が喜んでいたなぁ。)

五千円札の新渡戸稲造って誰?ということも話題になったし、夏目漱石という文化人が千円札に使われたことも注目された。

つまり、40年前はいろいろな意味でチャレンジャーだったと思う。

20年前は、女性の樋口一葉が使われたが画期的であったし、野口英世という医師も前例がなかった。

紙幣の歴史を紐解けば世相が見えるのかもしれない。(ここには記憶ベースで書いているので、間違いもあると思う。)

閑話休題、今回の肖像画は、野口英世から北里柴三郎の医師路線踏襲、樋口一葉から津田梅子の女性踏襲あたりは順当な気がする。

福澤諭吉から渋沢栄一は、失礼ながらマイナーな人物に替わった印象が私にはある。

今回はそれよりも、紙幣の意味を問う声が強い。キャッシュレスの流れの中でこれから現金をどうしていくのか?

新紙幣対応しない業界が増えれば、キャッシュレスが進む理屈になる。

タンス預金をあぶり出す効果もあるかもしれない。マネーローンダリングをやりにくくする効果も狙っているのではないだろうかと思う。

共通テーマ:moblog

質実剛健 [f]

2024-07-05T07:07:15.jpg
先の木本高校には、もう1枚「書」の額が飾られていた。

質実剛健

大正十二年 文部大臣 鎌田栄吉、とある。

不勉強の私はこの鎌田栄吉なる人物を知らない。

ネットで調べてみると、紀州藩(現在の和歌山県)出身で、政治家でもあり、教育者でもあった鎌田は慶應義塾の塾長も務めた。

福澤諭吉は鎌田のことを「何辺へ出しても人に侮られない人物」と評している。


他にもたくさんのエピソードがあり、スゴイ人だったことがわかった。

閑話休題、そんな鎌田栄吉氏の書がどういう経緯で同校にあるのか、再訪することあれば、きいてみたい。


因みに鎌田は書を求められると、「独立自尊」と、よく書いたそうである。同校にはなぜ、質実剛健だったのか、たいへん興味深い。

共通テーマ:moblog

奮励努力 [f]

2024-07-03T16:25:14.jpg
木本高校さんの玄関を入ると正面に写真の額が掲げられていた。

味わい深い良い字であると思った。

さすがは東紀州の伝統校だ!

共通テーマ:moblog

飯高 道の駅の温泉 [f]

2024-07-01T23:41:12.jpg
先日、初めて飯高の道の駅にある温泉に行ってみた。

通常の浴槽の他、露天風呂やサウナなどいくつかのお風呂があり楽しめた。

ついつい長く入りすぎて、湯あたりしてしまった。帰りは車の中でエアコンをきかせて、小一時間ほど休憩してから帰路に着いた。

住まいからそう遠くないところにこのような温泉があるのはとても有り難い。お湯も景色も良くて癒やされた。

共通テーマ:moblog
前の10件 | -