SSブログ

『オール・グリーンズ 万事快調』 [f]

2021-12-10T23:11:54.jpg
新しい青春小説の誕生

なんで松本清張賞?(この作品が悪いというのではなくて、松本清張とあまり結びつかないので。)

こういう救いようのない現代日本の暗さ、貧しさを描くとき、なぜか舞台は北関東、しかも茨城と相場が決まっている、と書くと怒られるか?でも映画『さらば愛しき大地』も茨城だったよなぁ!?

装丁凝ってるな!色といい、ペーパーバック風の仕上がりといい!

なんかの書評にあったけど、救いようのない、万事休すの内容に反して、タイトルはオール・グリーンズ、万事快調!

アッパー層から見れば救いようがないし、当事者達もそう思っている節がある。少なくとも主人公の女子高生たちはそう思っている。そこから脱出する手段が途方もない荒唐無稽な、ある意味革命的なことだが、このエネルギーは幕末の志士と通じるところがあるというと、話が飛躍しすぎか?!

青春小説であるとともに、この話は今の地方社会の現状をある角度鋭くエグっているよなぁ。

今のままでは上に行きたくても行けない。地元の三流高校出て、地元の冴えない会社で働き、地元から外に出ることなく、同じ境遇のヤツと結婚し、同じような境遇の子どもを再生産し、老いて死んでいく。

自分の先行きが見えていることに苛立ちながら脱出を試みるのが主人公たちだ。つまり、日本の社会問題の根底をエリートたちに突き付けているといってもいいだろう。

閑話休題、作者は大学生とのこと。サブカルチャーに造詣が深いことにも恐れ入った。
nice!(0)  コメント(0)